自作プラグイン作るときは自動保存を停止しよう!defined(‘DOING_AUTOSAVE’) && DOING_AUTOSAVE

投稿画面にカスタムフィールドやオリジナル投稿機能を追加するときに自作でプラグインを作成することもあるでしょう。

WordPressの投稿画面をカスタマイズするプラグインを自作する場合は、自動保存の設定は必ず停止しておくべきです。

自動保存はWordPressのデフォルトの機能で60秒ごとに自動に保存される機能です。

自動保存は、ページの修正途中でネット回線が切れたり、操作していたデバイスが使えなくなったりしても、自動的に変更内容を保存してくれる機能です。

本文などを執筆しているときにはたいへん役立つ機能ですが、自作プラグインなどで投稿画面をカスタマイズする場合などは、変更途中で自動保存されてしまうため、こちらの意図してない状況になってしまうことにも。

なので、自作でプラグインやカスタムフィールドを追加する機能を付ける場合はこの自動保存は停止しておくべきです。

投稿ページで更新する場合は、

などをプログラムしておくと、データを更新することができますが、このままですと60秒毎に自動的に設定内容が保存されてします。

この自動保存を停止させるために、

とこのように設定することで自動更新を停止することができます。

この設定をしてないと、更新の途中のものを開いたりすると、設定の値が違っていることにもなりますので注意が必要です。

プラグインの自動更新を停止しても本文の自動保存はされますので安心です。

プラグインを自作していると、保存されているはずのデータがないなんて事にもなりますので、必ず自動更新は停止しておきましょうね。

ちなみに、自動更新のタイミングの変更、もしくは停止するなら、wp-config.phpに以下のコードを追加します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です